福岡県コンクリート主任技士・診断士会

コンクリート主任技士・診断士の育成を通して、社会に貢献します

*

設立趣旨

1.趣意

我が国の社会資本を構成する道路、ダム、橋梁、建築物等の多くのコンクリート構造物は、戦後の高度経済成長期を通じて安全・安心な生活空間を形成するとともに自然災害から国民の生命財産を守る役割を担ってきました。

ところが、これらのコンクリート構造物において、経年劣化による老朽化が進行し、社会基盤や国民の貴重な財産の損壊や身体への損傷を惹起する災害が増加し続けております。

コンクリートは社会生活の基盤づくりに不可欠な建設材料であり、コンクリート構造物は近年の技術の進歩に伴い年々、多様・多機能化しています。したがって、コンクリートに携わる技術者は、これらの変革や変貌に抜かりなく順応し、更に一歩でも技術開発の進展に先んじることで社会資本の主要部分を構成するコンクリート構造物の長寿命化に寄与しなければなりません。

このような課題を解決すべく誕生したのが公益社団法人日本コンクリート工学会のコンクリート技士・主任技士制度であり、コンクリート診断士制度です。

しかしながら、個々の有資格者がコンクリートに関する社会的課題に対応していくには不十分な状況にあります。今後は、コンクリートの製造から施工、点検・診断、補修補強対策までの最新の知識と技術を兼ね備えたコンクリート技士、主任技士、コンクリート診断士資格者等のコンクリートに携わる技術者が集まり、コンクリート構造物の誕生から終焉まで見守る仕組みが必要です。

そこで、福岡県内に本拠を置く企業・団体等に所属する有志によって公平中立の立場で活動する「福岡県コンクリート主任技士・診断士会」を設立することを提案します。

本会は、これまで培ったコンクリートの製造から維持管理に関する技術や豊富な経験を持って第三者的に社会の要請に応えるとともに、コンクリートに関する資格取得や資質向上支援を通じた人材育成を行います。

なお、本会は公益社団法人日本コンクリート工学会および一般社団法人日本コンクリート診断士会の支援を仰ぎながら活動を行います。

本趣旨をご理解の上、是非本会に御入会いただき、ご支援を賜りますようにお願い申し上げます。

 

2.活動内容

(1)コンクリート技士・コンクリート主任技士、コンクリート診断士、道路橋点検士等の資格取得支援と資質向上のための情報提供

(2)コンクリートの製造・施工に関する第三者的な事業

(3)コンクリート構造物の点検・診断及び補修・補強に関する第三者的な事業

(4)会員間の技術交流による技術の研鑽及び親睦

(5)その他、前各号に掲げる業務に附帯又は関連する活動

 

福岡県コンクリート主任技士・診断士会設立準備会
会 長 大和 竹史

公開日:
最終更新日:2015/07/10